ベランダ菜園とカープ夫

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に日々の色々な事を綴っています

年に一度の不動明王

今日は夫と一緒に、福岡県宗像市にある『鎮国寺』という真言宗のお寺に行って来ました。

f:id:khirohiro:20180625143055j:plain


このお寺は『弘法大師』にゆかりのある尊いお寺で、九州八十八ケ所霊場の第八十八番結願所です。

一方では『厄除け』のお寺としても有名で、毎年、お正月に夫と厄除け祈願に行っています。


どうして、お正月ではないのに『鎮国寺』へ行ったかというと、今日は護摩供が行われる日なのです。

何事もなく日々の生活が送れるように、夫と『家内安全』や『厄除開運』や『身体健康』などの願い事を護摩木に書いて納めました。


そして、もうひとつ『鎮国寺』へ行った理由は、国の重要指定文化財に指定されている『身代わり不動明王』様の御尊像を年に一度の御開扉により拝することが出来るのです。

 

年に一度の御開扉と言うだけあって、駐車場は朝早くから満車状態で、停められない車は近くにある宗像大社の駐車場へ停めることになっており、そこから送迎用の貸し切りバスが何台も運行されていました。

 

私達も出遅れてしまい、貸し切りバスでの移動をする事になりました。

宗像大社の駐車場からは徒歩15分程となっていて、徒歩で行かれる人達もいました。

私もバスの待ち時間に、夫に歩いて行く事を提案してみたのですが…夫は即答で「ムリ」だと言いました。笑

鎮国寺に行くには長い坂道を上って行かなければいけません。でも、良い運動にはなりそうです。笑

 

境内はとても広く緑も多いです。

そして見どころも沢山あります。

パワースポットとして、鎮国寺発祥の聖地「奥の院」があります。

これは、弘法大使が修法した岩窟の前に不動堂が建てられている物です。

ちなみに、この中には入る事は出来ません。

 

また、本堂には五仏堂があります。

阿弥陀如来薬師如来大日如来・釈迦如来如意輪観音世音菩薩がいらっしゃいます。

いきいき観音や修行大師・大師堂などもあります。

私達もまだ全部を回りきれていません。


残念ながら、不動明王様の御尊像は写真撮影が出来ませんでしたが…とてもありがたい御利益をいただいた気がしました。

 

護摩供が始まるまでの間、皆さんそれぞれに配布されていたお弁当や持参しているお弁当などを美味しそうに食べていました。

まるで遠足の様でした。


また、お寺の境内には色とりどりのお花が咲いていて、とても気持ちが癒されました。

f:id:khirohiro:20180625143120j:plain

f:id:khirohiro:20180625143136j:plain

f:id:khirohiro:20180625143151j:plain

f:id:khirohiro:20180625143207j:plain

   

境内の案内書によれば、梅・椿・桜・しゃくなげ・つつじ・紫陽花・蓮・彼岸花・紅葉など、一年中いろんな花を楽しむことが出来るようです!

 
こらからも、夫と共に健康で仲良く過ごしていきたいと思います。