ベランダ菜園とカープ夫

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に日々の色々な事を綴っています

カスミ草&いよいよ博多どんたく港まつり

4月27日に「カスミ草」の小さくかわいい新芽を確認していましたが、あれから5日が経ち現在のカスミ草の新芽です。

f:id:khirohiro:20180625135311j:plain

  (4月27日)

 

f:id:khirohiro:20180625135258j:plain

   (5月2日)

順調に成長しています。

 

 博多どんたく

世の中はゴールデンウィーク真っ只中です。

福岡では、福岡市民の祭りとして『博多どんたく港まつり』が行われます。
『博多どんたく港まつり』とは毎年5月3日と4日に福岡市民の祭り振興会が開催する、ゴールデンウィーク期間中の日本最大のお祭りです。

 

見物客が約200万人集まるとされる『博多どんたく』は、今年で57回目となります。

治承3年(1179年)に『松ばやし』をその起源とするおよそ830年余の伝統行事です。

 

ちなみに…どんたくの語源はオランダ語のZONDAG(ゾンターク…休日)だそうです。
いまでも全国的によく使われる半ドンも半分ドンタクという意味です。
これが各地に広がって方言化したが、博多ではカラリと陽気な祭りの名になった…と言う訳です。

 

 語源を聞くとおもしろいですね!!


国選択無形民俗文化財『博多松ばやし』の三福神(福神・恵比須・大黒)の3流れと稚児流の合計4流れが市中を祝ってまわり、いよいよパレードのスタートとなります!!

 

パレードでは、花自動車や沢山の参加団体の踊りや音楽隊などで賑わいます。

4日の最終日には、総踊りと言って、誰でも飛び入り参加出来ますので、観光客の方も自由に踊りながらパレードに参加されています。

 

そして、最後は『博多手一本』で締めくくられます。

古くから博多に伝わる一本締めのことです。

 

そんな中私達は、明日から博多どんたくではなく…広島へ3日間行く予定です。

留守中の夫の心配事は、ベランダの植物達です。笑

落ち着かない様子でベランダの植物達を見て回っています。


お水を沢山あげて行こうと話していましたが、昨夜から福岡は雨が降ってはやんで…を繰り返しています。

 

天気予報によれば…明日には雨は上がる様ですが、こんな時は水やりに悩みます。

初心者が陥りやすいプランター菜園の失敗例に…やる気があり水やり作業自体が楽しくてつい頻繁に水を与えてしまうので、結果的に根が酸欠状態となり、さらに病原菌が繁殖して根腐れをおこし、最後には枯れてしまうという事がよくあるようです。

 

やる気があり、楽しくて仕方ないと言うところはまさに夫そのものです。

土をしっかり乾かしてあげることがとても重要になるので、しっかり私が監視をしなければいけません。