ベランダ菜園とカープ夫

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に日々の色々な事を綴っています

いつの間にか…北九州は映画の街&『松永文庫』

5月12日に映画『仮面ライダービルド』の福岡県北九州ロケが行われました。

今回のエキストラはナント3000人募集されていた様です。


北九州市役所前の市道を歩行者も車両も全て通行止めにしてのロケでした。


ちなみに、『劇場版 仮面ライダービルド』の公開は、2018年8月4日(土)の様です。


北九州で過去に撮影された作品には、映画『寄生獣 完結編』『S-最後の警官-』『図書館戦争 THE LAST MISSION』『MOZU』 等々…330本を超えているそうです。

 

もしかしたら、皆さんも一度は観たことのある映画がこの北九州で撮られているかもしれません。

北九州では、ロケのために大通りを封鎖することは珍しくない事なのですが


その中でも、北九州市最大規模の撮影が行われたのは、2017年7月撮影の

水谷豊さん・反町隆史さん主演で私も大好きな『相棒-劇場版IV-』です。

 

f:id:khirohiro:20180625012409j:plain f:id:khirohiro:20180625012430j:plain

      (小倉城です)   


この作品の最大の見せばのパレードシーンの撮影では、市民、企業、行政など全面協力のもと、市内幹線道路を完全封鎖しての撮影でした。

 

私の友人はしっかりエキストラ(パレードの通行人)として参加していました。

もちろんあれだけの人でしたので、全くどこにいるのかも気づきませんけど…

 

私は福岡産まれ福岡育ちですが、製造業の街として栄えてきた北九州がいつの間にか映画の街へと変わってきた事に驚いています。


そして、北九州市内にある門司港は2012年8月25日公開された、高倉健さんが6年ぶりの主演で遺作となった『あなたへ』のロケ地だったそうです。(クランクアップが門司港だそうです)

 

門司港レトロには『松永文庫』もあり、生前の高倉健さんもここを訪れていたそうです。

f:id:khirohiro:20180625012505j:plain


観光スポットでもある『松永文庫』とは、、1997年に松永武室長が、映画研究のためにおよそ60年にわたって収集した、3万点を超える映画・芸能資料が所蔵されているそうです。

f:id:khirohiro:20180625012535j:plain

 

自宅を開放して無料公開したのが始まりで、現在は、資料すべてを北九州市に寄贈され、旧大連航路上屋にて資料展示を行っています。

 

そしてナント…日本映画に幅広く貢献した団体に贈られる賞である『第25回日本映画批評家大大賞特別賞』を受賞された様です。

文化施設では初めての受賞となるもので、これほどの資料を展示している映画資料館はそう多くはない様です。

 

最後に、次回の映画撮影にはエキストラで参加してみたいと思います。

 

 

www.hirosmile.com