ベランダ菜園とカープ夫と…

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に毎日を楽しく過ごすコツなどを綴っています

待望のイチゴ収穫とナスビに花が咲きました

ちょうど一週間前にイチゴがなかなか赤くならないと…心配していたのが嘘の様に

数日前から少しずつ赤くなりはじめました。

 

 待望のイチゴ

今日は午後から雨予報だった為、朝一番で「四季なりイチゴ」の第一号を収穫することが出来ました。

 

f:id:khirohiro:20180518101222j:plain

 

f:id:khirohiro:20180518101300j:plain

 

あまい匂いがしています。

一粒のイチゴを2人で半分にして食べました。

 

f:id:khirohiro:20180518101402j:plain f:id:khirohiro:20180518101432j:plain

 

摘みたてイチゴは適度に酸味もあり美味しかったですが、夫にとってはもう少し甘い方が良い様でした。

 

イチゴは太陽にあたる事で赤みを増していくので、最初は周りのつぶつぶが赤くなり、表の下の方から、次に裏へそしてへたの方まで赤くなっていきました。

 

f:id:khirohiro:20180518104339j:plain f:id:khirohiro:20180518104444j:plain

 

このつぶつぶは種ではなく、果実だと言う事を最近知りました。

果実の小さい一つ一つの中に種が入っているそうです。

 

他のイチゴも少しずつ赤身が出てきていますので、これから収穫が楽しみです。

そうなると次に気になる事はカラスです。

 

 カラス対策

 カラスから赤くなったイチゴを食べられない様に守る事です。
っと言ってもカラスの心配をしていたのは夫です。


「夫はカラスは目が良いから2キロ先まで見えるんだよ」と言ってましたが…

でもそれは、畑などの話でベランダにもカラスって来るのかな~と私は疑問でした。

 

調べて見ると、確かにカラスは視覚に優れていて、紫外線までもをみる事が出来るそうです。

カラスは雑食性なので、人間の食べ物を狙っていたり、餌の隠し場所を探す為だったり、巣作りの為の巣材を求めてベランダに来るそうです。

 

実際にべランダでカラスの被害にあった方も多い様です。

特に、カラスが巣作りをしてヒナを育てる春から夏にかけては注意が必要な様です。

 

そこで、私達はカラス対策にホームセンターへ行きました。

その日はちょうど良い大きさのネットなどが無く、結局ダイソーへ行きました。

良いものを見つけることが出来ました。

 

f:id:khirohiro:20180518104700j:plain   f:id:khirohiro:20180518104726j:plain   

 

CDはベランダに吊るして、防鳥ネットは早速イチゴにかけました。

CDは3枚入っているので便利です。ベランダにCDを吊るすのは少し恥ずかしい気もしますが、大切に育てているイチゴをカラスに食べれてしまっては困るので、仕方ありません。

ダイソーには色々な種類の防鳥ネットがありましたが、イチゴのプランターが小さいのでこれに決めました。

 

f:id:khirohiro:20180518105019j:plain

 

f:id:khirohiro:20180518104751j:plain

これは、カラス除けと言うより、単純に虫よけです。


カラスは賢いと言うのを良く聞きますが、今回購入した物が効果がある事を期待したいと思います。

 

ナスビに花

そしてナスビに花が咲きました。

ナスビは環境が合っていると、次から次へと花を咲かせてくれる様です。

 

f:id:khirohiro:20180518105551j:plain

  

f:id:khirohiro:20180518191205j:plain

 

ナスビの花で、順調に育っているかの診断をしてみました。

花の真ん中に1本ある雌しべが、周りに何本もある雄しべよりも飛び出している場合は

元気な証拠だそうです。

まずは、安心しました。

 

ちなみに、同じナス科のピーマンも雄しべより雌しべが出ていれば元気だと診断できるそうです。

花で健康チエックが出来るのは面白いし助かります。

 

 www.hirosmile.com

 

今日もご覧いただきましてありがとうございます。