ベランダ菜園とカープ夫

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に日々の色々な事を綴っています

マツダスタジアム開場10周年記念イベント!

今日と明日の二日間は、マツダスタジアムカープの応援です!

福岡のヤフオクドームの様に屋根があると日焼けを気にしなくてもよいのですが、マツダスタジアムの場合、毎年5月以降は日差しが強くて、かなり暑いのです。
さすがのカープ夫も、暑さにはめっぽう弱いので、いつも試合が終わるとクタクタになっています。笑

 

f:id:khirohiro:20180624164442j:plain

 

我が家から、広島市内にあるマツダスタジアムまでは、マイカーで3時間半ぐらい掛かります。
球場の周辺にあるコインパーキングは、遠方から応援に来るカープファンで直ぐに「満車」になってしまいますので、デーゲームが行われる日は朝7時に家を出発する様にしています。

福岡から広島への移動は新幹線で1時間半ぐらいですが、マイカーで行った場合は往復の高速代とガソリン代を計算すると、新幹線一人分の費用で済みますし、広島市内を動き回るにはやはりマイカーが便利です。

さて、広島での試合観戦は約1ヶ月ぶりとなりますが、昨日からマツダスタジアムでは「開場10周年記念」のイベントが開催されています。

 

f:id:khirohiro:20180624164515j:plain


イベントの内容ですが、ポルトガル共和国・アゲダ市の「傘まつり」、カンポマイオール市の「紙花まつり」をマツダスタジアムで再現しています。

今日はその『傘まつり』の様子をご紹介します。

 

f:id:khirohiro:20180624164544j:plain f:id:khirohiro:20180624164635j:plain


球場西側にあるプロムナードには約2,500本の傘が装飾された「傘まつり」、そして正面広場ではカンポマイオール市の人々による手作りの紙花を約2万個も使って装飾された「紙花まつり」が再現されています。

 

本場ポルトガルの「アジタゲタ芸術祭」では…傘の展示が毎年7月~9月に行われていて、歴史地区の通り道が色とりどりの傘で覆いつくされ、真夏の日差しを受けて透き通る傘たちがとても美しく映えるそうです。

 

f:id:khirohiro:20180624164746j:plain

また、10周年記念のカープオリジナルグッズの販売や、ポルトガル特産のコーヒーやワインの試飲コーナーなどもありました!

f:id:khirohiro:20180624164832j:plain

赤ワインと白ワインをそれぞれ試飲してみました!

私は、白ワインの方が甘くてフルーティーで飲みやすかったです。


さて、肝心の試合内容ですが…今日は一軍で初登板&初先発のフランスア投手とジャクソン投手の両外国人投手が、それぞれ3失点ずつの大乱調。

9回裏を迎えた時点で、7対4の3点差でした…。汗
2アウトになり、もうダメだと思いましたが、土壇場で2点を返して1点差まで追い上げました。

この時のスタンドの盛り上がりは、テレビだと伝わらないほどスゴイです!
やはり、スポーツは現場で観る方が断然面白いですね。

 

結果的には、あと1点が届かず負けてしまいました…。涙
うちのカープ夫はチャンスの度に声を枯らして応援していましたが、試合終了の時点で疲れ果てて動けなくなってしまいました。

しかし、カープ夫の試合展開を読む能力にはいつも感心します。
選手交代が行われる時は、選手名を殆ど言い当てますし、夫が「この場面でこの選手を起用してはダメだ!」と言うと、だいたいその通りになります。

カープファン歴40.年以上は伊達じゃないと思います!笑
そのカープ夫は、明日の先発投手について不安を感じていましたが、さて…どうなるでしょうか?