ベランダ菜園とカープ夫

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に日々の色々な事を綴っています

カープまさかの5連敗!無念のカープ夫

今日も、昨日に続いてヤフオクドームで「広島カープソフトバンクホークス」のセ・パ交流戦を観戦です!

 

今日の試合のチケットは、夫が会社の取引先からいただいたバックネット裏の年間指定席なので、私はとっても楽しみにしていて、朝からご機嫌なのですが、我が家のカープ夫は、昨夜からずっと不機嫌で、朝食も無言で食べ、ベランダ菜園の野菜たちへの水やりも、無言のまま済ませました。汗

 

 f:id:khirohiro:20180623121019j:plain

 

今日は土曜日ということもあり、球場の周りは両チームのファンで溢れていますが、面白いことに気付きました。

 

球場の周りにいるファンをよく見ると、カープの赤いユニフォームを着たファンが大勢いるのですが、ホークスのユニフォームを着たファンは殆ど見掛けません。

しかしながら、球場の中に入ると、カープとホークスのユニフォームを着たファンでいっぱいです!

 

どういうことなのかと言うと…、カープファンは自宅やホテルを出る時点でユニフォームを着て出掛けるのです。

一方、ホークスファンはユニフォームはカバンの中に入れて出掛けて、球場の中に入ってからユニフォームを着るのです。

これは恐らく、広島と福岡の県民性の違いなのでしょう。

 

確かに、カープ夫とマツダスタジアムへ野球観戦に行った日に、広島の街を歩いていると、飲食店、百貨店、スーパー、本屋など至る所で、ユニフォームを着た人を見掛けます。

広島市内では、ユニフォームを着て街中を歩いていても、それを見た周囲の人たちは「あぁ、今日はマツダスタジアムで試合があるんだね」という感じなのです。
ですから、試合の前にユニフォームを着て街を歩くと「応援頑張ってね!」と声を掛けられますし、試合終了後だと「今日はカープ勝ったの?」と聞かれます。

つまり、カープという球団の存在そのものが、広島の人たちの生活の一部となっているのです!

ですから、カープのユニフォームを着て街中を歩いても、少しも恥ずかしくないのです。笑

 

さて、今日のヤフオクドームですが…バックネット裏から、センターのバックスクリーンまで、スタンドの半分が完全に真っ赤に染まっています!

 

f:id:khirohiro:20180623121400j:plain

 

そういえば、今朝の地元テレビ局のニュースで「博多駅には朝早くからカープのユニフォームを着た人たちの姿が…」と言ってました…。笑

 

f:id:khirohiro:20180623121458j:plain

 

カープ夫がいただいた年間指定席のチケットには、ドリンク無料券が付いていましたので、もちろん!私はビールをいただきました。

夫は車の運転がありますので、仕方なく私が2杯飲むことに…笑

 

f:id:khirohiro:20180623121557j:plain

 

肝心の試合内容ですが…

カープ先発のジョンソン投手がホークス打線を1点に抑え、6回までは2対1でカープがリードしていたのですが、7回の裏に大逆転されてしまい、まさかの5連敗となってしまいました!涙

 

f:id:khirohiro:20180623122053j:plain

 

今日の試合も、ホークスが勝つと試合終了後に「花火」と「ルーフオープン」があるのですが、失意のドン底状態のカープ夫は「昨日見たけん、見らんでいい!」と言って、早々に球場を後にすることになりました。苦笑

明日こそは、絶対にカープが勝って欲しいと思います!

 

www.hirosmile.com