ベランダ菜園とカープ夫

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に日々の色々な事を綴っています

調音の滝公園を散策

福岡県うきは市にある、マイナスイオンたっぷりで「水源の森百選」にも選ばれている「調音の滝公園」をご紹介します。

大分自動車道「杷木IC」より25分程の場所にある、調音の滝公園には、久留米藩主有馬頼永公の奥方、「晴雲院」が立ち寄られ、滝を流れる水音が天然のメロディを奏でるように聞こえた事から「音の調べ」→「調音の滝」と命名された事を由来とする、「調音の滝」や魚返り(うおがえり)の滝、斧渕(おのぶち)の滝、三重(みしけ)の滝の4つがあります。

今回は、その中の「調音の滝」と「魚返りの滝」に行って来ました。

調音の滝は、高さ27メートル、幅9メートルで、崖上から「いろは」の文字を描くように水が流れ落ちることから別名「いろは滝」とも呼ばれているそうです。

 

f:id:khirohiro:20180624020658j:plain

滝の近くに行くと、マイナスイオンのシャワーの様に涼しい風を浴びる事ができます。

何時間でもそこに入れそうな感じでした。

滝の前に置かれている椅子に腰を掛けて、たっぷりのマイナスイオンを浴びている老夫婦の姿もありました。

また、公園の中には大きな鯉とチョウザメが泳いでいました。

f:id:khirohiro:20180622171837j:plain

とても透き通った水です。

f:id:khirohiro:20180622171854j:plain

 

鯉とチョウザメが一緒に泳いでいる事にもビックリしましたが、何よりも水がキレイです。

これ程透き通った水に泳いでいる鯉は見た事がありません。


そして、魚返の滝は、調音の滝から更に車で3~4分程登った所にあります。

私達は車で登ったのですが、道が狭く急な坂になっているので、歩いて登る方が良いかもしれません。(徒歩15分程)

 

ここから、下に降りて行くと滝ツボがありますが、今回は上から眺めました。

f:id:khirohiro:20180622171917j:plain

f:id:khirohiro:20180622171937j:plain

 

ここには、筑後川源流の碑があります。

f:id:khirohiro:20180622172021j:plain

そして、更に上に登って行くと…斧渕(おのぶち)の滝、三重(みしけ)の滝があるのですが、どんどん道が狭くなっているので、今回はここまでとしました。

マイナスイオンをたっぷりと浴びて、日頃の疲れが癒された様です。


滝を見る事は、もちろんいつでも出来るのですが、今年の滝開きは、7月15日となっています。

滝開きが行なわれると、夏の風物詩であるソーメン流しや子供が楽しめる流水プールも始まります。

自然の中のソーメン流しは格別です。

また、公園の近くにはキャンプ場があり、バーべキューが楽しめるそうです。

滝の音を聞きながら自然の中でのんびり過ごす事も必要かもしれません。(^^)

 

 

住所:〒839-1415 福岡県うきは市浮羽町妹川3184
電話番号:0943-77-7516
営業時間:通年 0:00~24:00
定休日 :年中無休