ベランダ菜園とカープ夫

ベランダ菜園の記録と広島カープの話を中心に日々の色々な事を綴っています

トマトの初収穫とキュウリとのお別れ

福岡は台風が接近している為、風が強くなって来ました。

今のうちに、我が家のベランダ菜園で、最も収穫が遅れていたトマトを初収穫しました!

 

f:id:khirohiro:20180702171649j:plain

f:id:khirohiro:20180702171716j:plain

 

4株のうち、2株でキレイな色に熟してくれました。

残りの2株も今週中には収穫出来るかも知れません。

赤くなるまでには随分日にちがかかりましたが、赤みが出てきてから真っ赤に熟すまではあっと言う間でした。

 

f:id:khirohiro:20180702171954j:plain f:id:khirohiro:20180702172355j:plain

(赤みが出て来たところです)


ただ…気になることがあります。
我が家のトマトは「桃太郎」と「バルト」という大玉の品種の筈なのですが、どう見てもスーパーで売っている大玉トマトよりも小さく、中玉トマトなのです!

きっと、育て方や肥料のやり方によるものだと思います。
初期段階で肥料を与え過ぎて「木ボケ」させてしまったせいかも知れません…。涙

ちょうど良く「桃太郎」と「バルト」が一つずつ収穫出来たので、

夫と一緒に今夜の食卓で食べ比べをして楽しみたいと思います!

本来、トマトを生で食べる時は、わずかに塩を掛けると美味しいのですが、

元来の甘味を確かめる為に、そのままで食べてみようと思います。

トマトの初収穫は嬉しいことでしたが、反対に悲しい事も起きてしまいました。

キュウリが全滅してしまいました。(>_<)

以前から、うどん粉病に悩まされながらも、薬を散布して対応してきたのですが、ウイルス性の病気で葉がどんどん枯れていってしまいました。

初心者にはキュウリを育てるのは難しい…と聞いた事はありましたが、大きな実を付けていただけに…ビックリしました。 

 

f:id:khirohiro:20180702144627j:plain

f:id:khirohiro:20180702144647j:plain


知り合いの花屋さんに写真を見てもらうと、「ベト病」だと言われ、もう薬を使っても治らないとのことでした。

農家の方達は、この様な病気にならない為に早めに薬を散布しているのだろうと思います。

キュウリは我が家のベランダ菜園の中では、一番成長が早かっただけに…ショックも大きいです。

私もショックでしたが、毎日の水やりや葉の剪定から肥料やりなどを丹念に行なっていた夫はかなりのショックを受けていました。

それでも、いくつかの大きなキュウリを収穫でき、美味しく食べれましたので残念ですが…良い経験になったと思っています。

病気になったキュウリをそのままにしておくと、他の野菜に影響を与えてはいけないので、枯れた葉っぱを取り、土も処分しました。

グリーンカーテンになっていたキュウリがなくなると、ベランダが少し寂しい感じです。

来年は、ウィルスに負けないキュウリを育てたいと思います。

   

www.hirosmile.com